【バリ島ダイビング】GO DIVE BALI

バリ島のダイビング楽しさ100%

GO DIVE BALI WEB

【アメッド観光】バリ島最高峰の絶景! ラハンガンスイート~Lahangan sweet への道 その2 

前回のお話しで、バリ島で一番の絶景を見つけに行くと言っておきながら、あまりの悪路に挫折してしまった、クミちゃん。

前回のお話しはこちらです

しかし、一度ダメっだったくらいでは、”バリ島随一の絶景”あきらめきれません

ヒロユキ
ヒロユキ

今回は僕ヒロユキが、バリ島の絶景ラハンガンスィートに挑戦してみますよ。

ラハンガンスイート~Lahangan sweet へのルートその2

ラハンガンスイートの位置情報はこちらです

ラハンガンの写真をみると、サンセット時の景色が一番美しいようなので、今回は夕方に、アメッドから出発です。

前回はマップの最短ルートを行って失敗したので、今回は東側のルートから上がっていこうと思います

ブヌタンというアメッドの中の村を通って、川沿いに山を登っていきますよ

道は細いものの、アスファルトで舗装された安全な道のようです

海で有名なアメッドも少し山間に踏み入れるだけで、まるで雰囲気が変わります。

日本でいうと、日光、鬼怒川みたいな雰囲気になっていきました

かなり細い、くねくねとした山道、車も2台がすれ違えるのか、疑問に思うくらいの道を進むこと30分

標高が500mをこえるあたりでは、完全に雲も中に入ってしまって、20m先も見えなくなっちゃうなんて瞬間もありましたよ。

あまりに雲が多い日には、ここへ向かうのはやめたほうがいいかもですね

それでもなんとか、マップ上で記された、ラハンガン スイートの場所まで上がってこれましたよ。

「ここを入っていったら ラハンガンスイートですよ」

という看板のところまで、アスファルトの道を車で登って、案外順調にやってこられましたが

その看板の先の道がこれ!

いや… これは普通の車行けないでしょ

未舗装道路になる分かれ道のところに、ちょうど小さな商店があったので、そこのおばちゃんにたずねてみると、ラハンガンのビューポイントまでは残りこの道を500mほど登れば辿りつけるようです。

ラスト500mくらいなら歩きでいける!

車をとめて、頂上目指して歩いていきますよ

しかし

外は標高700m 体感温度は、’’肌寒い’’という感じをゆうに超えて、普通に寒いです

普通にTシャツ短パンでやってきてしまった、自分のお気楽さよ…

景色はまだ雲がつぐ近くにかかっていて、見晴らせませんが、この雲の裏にかなりのポテンシャルを感じさせています

しばらく上ると、なにやら受付のような場所が

どうも、ここが景勝地ラハンガンスイートのチケットカウンターのような感じで、入場料一人20,000rp(200円)くらい払いました。

ちなみにアメッドから車でスタートして、ここまでの所要時間は歩きもいれて、1時間ほどでした

実際ラハンガンスイートの景色は?

そして、そこからグーンの突き出した丘の先端にかけて進んでいくと

おおっ! 

一緒にいったドウィくんと絶景

おおおっ!

ドウィくん大興奮

おおーーーーー‼

山!古いぜドウィくん

これは、すごい!

予想を超えたアグン山の大パノラマです

時間は、18:00時を少し過ぎた頃合い

色づく夕日は、つい先ほどその姿をアグン山に隠したばかりのようで、天空3000mから海へと真っすぐにのびる稜線を朱く染めています。

雲は自分の立ち位置よりも少し下を、次々に形を変えながら流れていきます。

目の前の景色の雄大さからか、山頂に吹き付ける、ピリッと冷たい風のせいか

この景色に対しているだけで、身震いがはしります。

もう地球のパワー感じるレベルの景色ですね

もう実際ここまで苦労してあがって、この絶景を目の前にしたら

「時よとまれ!お前は美しい」って声高く叫びたくなるやつです

久々、すごいなって感じる景色にめぐりあいました

こういうところって、写真を見て、行ってみたら案外がっかりっていうパターンが本当に多いのですが (バリ島にもそういうがっかり観光地いっぱいあります。)

でもここは、写真で見るより行ってみたほうが絶対に素晴らしい場所です。

空の広さや、空気の密度や、風の冷たさなんか含めて、身体全部で景色を感じられます

まだ観光地として、あまり知られてなく、人がいないっていうところもスペシャルです

割れ門のルンプヤン寺院や、ペニダ島のクリンキンビーチも、人がいすぎて、せっかくの絶景もげんなりしちゃいますからね

おすすめスポット

ここには ’’絶景独り占め’’って感じの映えポイントがいくつかあって

僕のおすすめはここです

ここに上がって、アグン山に目線をむければ

こんな感じです

Wonderful Indonesia(インドネシアの 観光省がやってるインスタやサイト)地でいきます 

横から山に対面した感じで写真撮ると

こんな感じです

女性にはここに座って、山を見つめながら、リコーダーとか吹いてもらいたいです

ここは山の稜線に作られた場所ですので、アグン山とは反対側の谷を見下ろすと

アメッドの海が広く見下ろせます。

またここは、キャンプができるようにもなっていて、本格的な登山姿のインドネシアの人たちが、テントを張って、焚火を囲んだりもしていましたよ

ここで夜中に星空を見上げたりしたら、夜空に溶けちゃうレベルでしょうね~ 

おまけに

はい

ラハンガンスイート、自信をもって”バリ島絶景認定”させていただくのですが

もしここに行ってみたいなという方がいましたら、こちらの注意とまとめを参考にしてみてくださいね

  • アメッドから行くルートがいいです
  • バイクでいきましょう
  • 山の上は夕方の気温18度くらいで寒いです、上着を忘れずに
  • 下から見て、雲が厚いときはやめましょう
  • 夕暮れ時間がスペシャルに美しいので17:00くらいに到着しましょう

そして、最後にキレイな夕焼けに時間を忘れていると

帰りの未舗装道路が真っ暗になって、ワイルドすぎちゃうことになるので気をつけてくださいね!

ではまた!

アメッドでスキンダイビング
アメッドでスキンダイビング

バリ島日本人経営のダイビングショップ「GO DIVE BALI」わかりやすい値段設定をモットーにバリ島でのダイビング、海のアクティビティをサポートいたします

GO DIVE BALI  WEBサイト

バリ島スノーケリングツアーはお子様から大人までみんなが楽しめる

GO DIVE BALIのスノーケルツアーページへ

バリ島日本人経営のダイビングショップ「GO DIVE BALI」はわかりやすい値段設定をモットーにバリ島でのダイビングをサポートい
バリ島日本人経営のダイビングショップGO DIVE BALI

バリ島のダイビングや海のこと
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
バリ島日々ナシゴレンブログ