【バリ島ダイビング】GO DIVE BALI

バリ島のダイビング楽しさ100%

GO DIVE BALI WEB

【2019】バリ島からタイ バンコクに4歳児がインドネシアビザを取りに行ってみたよ

こんにちは。ぼくのなまえは ”あさひ”です。

4歳です。

12月になったら5歳になります

ぼくはママとパパとママのママの”ばあば“”と弟の”すばる”と、バリ島に住んでいます。

幼稚園のともだちは僕をジャパンって呼びます。

バリに生まれたジャパンの子供です。

ぼくたちの家族は、昨日よりもっと前、パパとママとすばるとタイランドのバンコクに行ってきました。

そのころ、ぼくたちの家族はパパが働いていたインドネシアの会社をやめて、バリ島に自分の会社をつくるので大変だったみたいです。

パパが「タイランドに”ソシアルビザ”をもらいに行こう!」って言って、いくことになりました。

今日はぼくがタイランドのバンコクにいったお話をします。

なんでタイでインドネシアのVISA?

ぼくはビザってまだよくわからないです。

パパに「どうしてビザもらいにいかないといけないの?パパはお腹がへっててごはん食べたいの?」って聞いたんですけど

パパはちょっと笑って

「ピザじゃなくて”ビザ”だよ、ビザがないとバリ島のお家には住めなくなっちゃうんだよ。」って言うんです。

バリのお家に住めなくなったら、いま家にあるプラレールの新幹線や、おばあちゃんが買ってくれた自転車がどうなっちゃうんだろうってすごく心配

ママは「うちは今”キタス”がないから大変なのよ!」って言ってました

ぼくたちはジャパンの外人です。”キタス”がなくなっちゃったら、ビザをもらいに外国にいかないとダメなんですって。

キタスって、ぼくはよくわかりませんが、新しいキタスがもらえるまでは、とっても大変でお金もいっぱい使うってママはよくパパとお話ししています。

キタス(KITAS):インドネシアの在留許可のことです。インドネシアに住む外国人はこのキタスを取得したうえで必要なら労働許可をとります。
ソシアルビザ:インドネシア長期滞在用のビザです。入国から2カ月滞在可能、その後は1カ月ごとインドネシア国内のイミグレで更新できます。最長で6カ月間滞在できるビザです。

でもふつうはインドネシアのソシアルビザ、シンガポールでもらえるらしいです。

パパとママはシンガポールには行きたくないよ。シンガポールはつまんないよ、って言ってました。

僕はシンガポールにいけば、大好きな”ガチャガチャ”がドンキホーテってお店でできるからシンガポールに行きたいと思ったんですが、パパとママはシンガポールが嫌いみたいです。

ママは「絶対行くならバンコクがいいわ!バンコクで北京ダックお腹いっぱい食べたいし!」

パパも「バンコクがいいな、友達にも会えるし、カオサンとか行きたいしバンコクがいいな。」って言います

数字のはなしが好きなパパが言うには。シンガポールでソシアルビザを申請したらエージェント使うから、一人あたり185シンガポールドル(18000円)かかるけど、バンコクなら自分申請だから申請代の50アメリカドル(5500円)くらいですむはずだよ、家族4人分で5万円浮くから、その分でバンコクで3日遊んでも同じくらいのお金を使う計算になるそうです。

でも。インドネシアのソシアルビザがバンコクでとれるかどうかは、あんまりインターネット上にも新しい情報がなくて、よくわかんないみたいです。

ぼくたちのビザのお手伝いをしてくる、パパの友達のインドネシア人おじさんも「バンコクとれるって聞いたことあります、でもエージェントないから難しいかもですよ。」って言って、おすすめしないみたいです。

それでもパパは「ネットで調べたら古い情報だけど、バンコクでインドネシアのソシアルビザ取れるってあるし、大丈夫だよ!」って言ってバンコクに行くことを決めちゃったみたいです。

パパもママもともかくタイに行きタイみたいです。

バリ島-バンコクのお得な飛行機は?

バリ島ーバンコクはエアアジア便利
バリ島ーバンコクはエアアジア便利

ぼくたちはバリ島からタイランドのバンコクまで、エアアジアの直行便で行きました。

バリ島からバンコクは4時間ちょっとだし、料金も安い時にとれば片道で12000円くらいでチケットが買えるときがあるみたいです。

エアアジアの直行便はバリ島ーバンコク間が1日に3便も飛んでて、時間帯も選べるから便利みたいです。

パパ! あさひ知ってるよ こういうの大人は”コスパがいい”って言うんだよね

バンコクのインドネシア大使館はどこにある?

カオサンロード近くバンコク民主記念塔
バンコク民主記念塔

バンコクで僕たち家族は、パパが大好きな”カオサンロード”に近いホテルにとまりました。

カオサンロードから少し離れた場所のホテルは 古いホテルが多いんだけど、だから値段も安くてお部屋も広いし、プールもレストランも広くて家族連れにはいいホテルが多いんだよ。ってパパは得意そうに言ってました。

パパはコスパが大好きなんだね!

ネットにある情報によると、バンコクでインドネシアのソシアルビザっていうのを申請すると、受け取れるまでに3営業日かかるらしいです。

「3営業日ってどういうことなのパパ?」

「月曜日にだしたら、月、火、水の水曜日に受け取れるってことだよ。」

これは昔、クアラルンプールの大使館行った時もそうだったし、シンガポールでエージェントなしで直接申請してもそうだから、間違いないはずだよ。ってパパがいうので、僕たちは到着してすぐの月曜日にバンコクのインドネシア大使館にでかけました。

月曜日にいけば、もし書類の不備とかあって明日また来なさいって言われても余裕があるもんね

知ってるよパパ!そういうのスケジュールにバッファがあるっていうんでしょ

バンコクのインドネシア大使館は、パソコン用品で有名なパンテッププラザやお買い物天国、プラチナムファッションモールと同じ並びの ペッブリー通り またの呼び名をペッチャブリー通り (Phetchaburi Road, Petburi Road)にあるみたい

ぼくとパパは、ペッブリーにあるインドネシア大使館までトゥクトゥクに乗っていきました。

トゥクトゥクめっちゃ早いし、かっこいいねパパ!

インドネシア大使館までトゥクトゥク
インドネシア大使館までトゥクトゥク

バンコクでビザ申請 用意するものは?

インドネシア大使館のビザ申請の受付時間はこちらです

営業時間:AM9:00-11:00 PM 2:00-3:30 ※ビザ申請の受付は午前中のみ、受け取りは午後のみ

インドネシアのソシアルビザを取るのにパパが用意したものはこちら

  • スポンサーレター(身元引受バリ人の招待状)
  • スポンサーのKTPコピー(身分証明書のコピー)
  • パスポート(期限6カ月以上、3ページ以上空きがある)
  • 背景赤の顔写真2枚(4㎝x6㎝)
  • USドル50ドル
  • インドネシア入国用の航空券のコピー
  • インドネシア出国時の航空券のコピー

タイのインドネシア大使館ビザのルールが変わったの?

パパと一緒に大使館の中に入って、早速ビザ申請です。

パパ「家族分のソシアルブダヤビザを取りたいので、お願いします。」

パパは用意した書類を提出します。

受付の人「タイの大使館ではビザ申請のルールが変わりましたので、まずはこちらをご覧ください。」

バンコクでとれるインドネシアビザ
バンコクでとれるインドネシアビザ

「はぁ…それで何が変わったんですか?」

「ソシアルビザは学校や、企業などからの招待状が必要なのです。あなたの招待状は個人の物なのでダメです。」

「うん…と、シンガポールや日本なんかの他の国ではソシアルビザを取るのに招待状が個人ではダメなんていうルールはありませんよね?」

すると大使館の職員、まってましたとばかりに

「大使館のルールはその大使館ごとに自由に決められるんです。シンガポールのことは関係ありません。」

「お子さんの学校とか、そういった所からのスポンサーレターをお持ちになって、またお越しください。」 とのこと

あれ?どうも様子がおかしいみたいです。

結局取れるの?取れないの?

こういう時のパパはいつも粘り強いです。

「えっと。本当にソシアルビザとれないんですか?」

「はい。ここではとれません。」

「僕の知人のイミグレ関係の人は取れるって言いましたけど、本当は取れるんじゃないですか?」

「以前はとれましたけど、今は厳しくしました。本当にとれません」

「僕らは子供とかもいて、取れないとかなり深刻に困るんですよ。アドゥー(困ったときインドネシア人がよく言う)って感じですよ!どうにか方法があったりしません?」

あ 僕の出番だ!

ぼくも精いっぱい困った顔しないと

「大変なのはわかるのですが… 上からの指示ですので、なんともできないのです。」

「そうですよね、でも上司の方に事情を話して相談してみたら、上司の方なら何か方法があったりするんじゃないですかね⁇」

「… わかりました。上のものに相談してきますので、少々お待ちください。」

だって。

インドネシアの新ツーリストビザってなに?

しばらくたって。

大使館職員の人が戻ってきましたよ。

「ソシアルビザは学校や企業のスポンサーレターがないととれないですが,ツーリストビザなら取得できます。」

「ツーリストビザ?それって空港で35ドルで買うVISA ON ARRIVAL(VOA) ってやつなんじゃないですか?」

「いいえ、違います。ツーリストビザは入国から直接2カ月滞在できます。その後にソシアルビザ同様に延長できるかどうかは大使館では明言できませんが。」

ツーリストビザ? 

パパは早速ビザのこと手伝ってくれるインドネシア人のお友達に電話して、 ツーリストビザ 聞いてみました。

その人が言うにはツーリストビザって聞いたことないけど、211のindexビザだから2カ月は絶対大丈夫です。延長はわからないですねー ってことでした。

そのツーリストビザの取得には、スポンサーレターはいらないですが、1500ドル以上の口座残高を証明する書類が必要なんだそうです。

さらに以前にインドネシアのソシアルビザやツーリストビザを取得していたら、それが切れてから3ヶ月以上の期間がたってからでないと新しいビザ取得できない、なんて決まりまで新しくあるらしいのです。

現在タイ バンコクの大使館でとれるインドネシアのビザは

パパもいろいろお話ししたみたいですが、やっぱりソシアルビザはダメみたいです。

スポンサーレターが個人じゃなくて、法人っていうやつだったら大丈夫みたい。

パパはなんか不透明だな!ってちょっと怒ってるけど

まとめてみるとこんな感じ。

バンコクでインドネシアのソシアルビザ取得
  • 法人のスポンサーレターなら取得できる
  • 3営業日かかる
  • 50ドルで取れるからお得
  • 以前にビザを持っていたら3ヶ月以上たってからでないとダメです
バンコクで取れるインドネシアのツーリストビザ
  • スポンサーレターいりません
  • 1500ドル以上の残高証明必要(ネットバンキングのスクショでいい)
  • 3営業日かかる
  • 50ドルで取れる。
  • 60日手続きなしで滞在可能。
  • VOAビザをバリの空港でとって35ドル+60日滞在するためにはイミグレで延長費用の500,000ルピア払ってしかも3日間イミグレに行く手間に比べればすごいお得。
  • 以前にビザを持っていたら3ヶ月以上たってからでないとダメです

まとめるの大好きなパパに言わせると、確かな情報はこんな感じらしいです。

「あさひ。僕らは今回、最初の目的のソシアルビザ取れなかったけど、新しい収穫はあったね!しゅうかくがあった・・・・・・・・ って、いいことがあったって意味なんだけど。」

「バンコクでバリ島のビザ取れたら何かと楽しいよっていうパパみたいな人、案外いると思うんだよね。そういう意味でためになるバンコク旅行だったよね!」

知ってるよパパ!それって”負け惜しみ”ってやつでしょ!

インドネシア大使館いったら、近くでバンコク観光

インドネシア大使館のあるペッブリー通りは、バンコクの中でも賑やかな場所です。

大使館から歩いていける場所にたくさん楽しいところがあるんですって。

バンコクのインドネシア大使館前
インドネシア大使館前

ぼくとパパはプラチナムファッションモールで買い物したりしましたよ。

プラチナムファッションモールはバンコクでは有名なウィークエンドマーケットと並んで、お買い物天国!

ここでは買う品数次第で卸売り値段での交渉もできるんです。

たとえばTシャツ一枚200バーツ(700円)だけど10枚以上買えば卸売値段で一枚150B(500円)とか

プラチナムの子供水着屋さん
プラチナムの子供水着屋さん

この近くではタイのごはんも一度はいきタイ、有名なところがありますよ。

すぐ近くに有名な【カオマンガイ】ハイナンチキンライスみたいなの、のお店があるのですが

ぼくたちは「ピンクのカオマンガイ屋さん」か「緑のカオマンガイ屋さん」か迷ったけど、空いてたので緑のお店にいきました。

パパ!このチキンのごはんおいしいよね! 辛いやつ入れないなら、ぼくでも食べれるよ

最後は”センセープ運河ボート”っていうお船に乗ってホテルに帰ったよ!

プラトゥーナムセンセープ運河ボート乗り場
プラトゥーナムセンセープ運河ボート乗り場

このボートはプラチナムファッションモールのすぐ裏から出てるんだけど、カオサンロードの近くの民主記念塔あたりまでいって降りたらすごく便利です。

料金も12バーツ(40円)くらいでした。

ぼくはバンコクでこのボートが、いちばんおもしろかったです。

運河からながめるバンコクはとっても身近な感じがして、ほっとするよ。ってパパもいってました。

こういうの大人は”空気感 感じる”っていうんだよね。

バンコク センセープ運河ボート
バンコク センセープ運河ボート

【プーンシン】カオサン近くのレストラン

最後に僕たち家族がバンコク行ったら絶対いく、ママのお気に入り中華レストランもご紹介しますね!

バンコクレストラン プーンシン
バンコクレストラン プーンシン

【 プーンシン 】っていう中華料理もタイ料理もすっごく美味しいご飯やさんです。

ここで美味しいのはアヒルのお肉とプーパッポンカリー、それにパパが大好きカニチャーハン

一品100B(350円)くらいのお値段で美味しいし、お店もキレイで店員さんも愛想がいいですよ。

外国人はほとんどいなくて、すぐとなりにあるお寺にくる地元の人でいつもにぎわってます。

カオサンから少し歩くけど、有名なロングラックゲストハウスとかからはすぐ近くです

 バンコクレストラン プーンシン ダッグ
バンコクレストラン プーンシン ダッグ

4歳児あさひのまとめ

パパはいつもあさひにこう言います。

「あさひ、もしもあさひが新しくいい物を見つけたら、その発見を友だちやまわりの人に教えてあげるんだよ。」

「そうして、友だちも一緒によろこんでくれたりしたら、あさひが見つけた発見はもっと何倍も価値のあるものになるんだ。そういうのを”シェアする”っていうんだけど、すごくいいことなんだよ。」

だからあさひも いっぱい新しいところに冒険して、いっぱいシェアできることをふやすよ!

タイランドのことも、また今度もっといっぱいブログで書こうと思います。

バリ島日本人経営のダイビングショップ「GO DIVE BALI」はわかりやすい値段設定をモットーにバリ島でのダイビングをサポートいたします

バリ島家族でダイビング、シュノーケリングならGO DIVE BALI!

GO DIVE BALI  WEBサイト

バリ島でマンタ、マンボウを狙ってみよう

バリ島ヌサペニダでのファンダイビングはこちらから

バリ島日本人経営のダイビングショップ「GO DIVE BALI」はわかりやすい値段設定をモットーにバリ島でのダイビングをサポートい
バリ島日本人経営のダイビングショップGO DIVE BALI

バリ島旅行情報バリ島暮らしのこと
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
バリ島日々ナシゴレンブログ