Tulamben beach

トランベン Tulamben

ビーチからすぐそこに巨大沈没船が眠る

  • バリ島の北東部、ライステラスや古い寺院の残る村々を抜け、バリの聖なる山アグン山のふもとに届くと、そこは黒砂の穏やかな海岸トランベンビーチです。
  • 流れも緩く、水温や透明度も安定していて、バリ島で一番ダイビングしやすいポイントだといっても過言ではありません。
  • 第二次世界大戦中の沈没船リバティーレックはワールドワイドに有名なダイビングスポット
  • 体験ダイビングやシュノーケリングにも最適で、重たい器材を運ぶ手間もなし、ビーチで器材をセットして、すぐに海に入れる楽々ビーチエントリーで、船酔いの心配もありません。
  • バリ島に来たからには超有名ダイビングポイント・トランベンでのダイビングは外せません!

概要

ハイライト
全長120m沈没船、水中寺院、魚の多さ、地形
スタイル
ワイド、ビーチ、マクロ、珍種狙い
シーズン
通年(1月~3月雨で透明度が下がる日もあり)
水温
26℃~30℃ 3mmウエット推奨
所用時間
7:30~18:00(2dive)
ファンダイブ料金
120 USD (2dive)

スケジュール

7:30-8:00
宿泊先にお迎えにあがります
8:00
車で2時間半の移動です、車窓からの風景をお楽しみ下さい。
10:30
トランベン パラダイスリゾートに到着
11:00
ダイビング説明後に1本目のダイビング
12:00
リゾートのレストランにてランチ休憩
13:00
ポイントを変えて2本目のダイビング
14:00
パラダイスリゾートにて、シャワー、ログ付け
18:00
宿泊先、または、ご希望の場所へお送りいたします

ヌサペニダおすすめポイント

沈没船リバティーレック

Libaty wreck

  • ビーチから泳いでわずか30mほどの所に全長120mオーバーの第二次大戦時代のアメリカの軍艦「リバティー号」が沈んでいるバリ島の名物ポイント。
  • 時が経つと共に船体はカラフルなコーラルに覆われ、今では魚たちの楽園に、沈没船の中に入ると船体の隙間から青い光が差し込んで神秘的な美しさ
  • リバティーレックはCNNが選ぶ「世界のダイビングポイント50」にも選ばれています
  • ここに集まる海洋生物は、グレートバラクーダ、イソマグロ、ナポレオン、ウミガメなどダイナミックな大物も多くありながら、周辺のソフトコーラルに隠れるマクロ生物探しも楽しい見所満載のダイビングポイントです!
point

巨大なカンムリブダイの大群や暗い海中に光るフラッシュライトフィッシュ(ヒカリキンメダイ)が見られるナイトダイビング、早朝ダイビングはバリ島で一番面白い!

コーラルガーデン

coral garden

  • トランベン コーラルガーデンはゴーダイブが利用するの「パラダイスリゾート」のすぐ目の前のポイントです。
  • 名前の通りに水深8mほどの浅場はキレイなサンゴに覆われ、クマノミやキンチャクダイ、ハナヒゲウツボなどのカラフルな海の代表種が沢山群れています
  • ニシキフウライウオやフラッシャー系のベラ、カエルアンコウ、各種エビカニ、その時期のウミウシ等、マクロフォト向けの生物も豊富です。
  • 別名「シャークポイント」と呼ばれるほど高確率でサメと遭遇できる場所もあります
  • 水深15mほどの浅場のダイビングながらにも、満足できること間違いなしのおすすめポイントです。
point

砂地に沈められている、バリ島ならではの仏像や仏塔、石像群はまるで水中寺院の様相でフォトジェニック

トランベン ドロップオフ

Tulamben drop off

  • 火山の溶岩でできた海中の谷トランベンドロップオフは深度10mの浅い棚から深度50mまで落ち込むダイナミックな地形ポイント
  • 深みを眺めながら海中を漂うと海の青さに吸い込まれるような感覚を味わえます。
  • ドロップオフのウォールには常に緩く潮の流れがあたり、タカサゴやカスミチョウチョウウオが群れ、深場にはスミレナガハナダイ、フチドリハナダイ、ツースポットバスレットなども舞っています。ハゼの多く生息していて、ヒレナガネジリンボウやアケボノハゼが頻繁に見つかります。
  • ダイナミックは地形にレアな生物、ここはベテランダイバーをもうならせる隠れ人気ポイントです。

スラヤ&ムラスティ

Seraya Merasti

  • トランベンのメインのビーチから少し離れた所にあるスラヤビーチはレアなマクロ生物の宝庫
  • 水底は泥っぽい黒砂、ソフトコーラルとゴロタ石だけのかなり地味な水中環境です。
  • フリソデエビやゴルゴニアシュリンプ、カエルアンコウ、ミミックオクトパスなどレア生物が豊富。
  • また100匹を超えるツバメウオの群れや、渦巻くギンガメアジ、ブラックフィンバラクーダの群れなど、大物も見られることもあるちょっと変わったダイブサイトなのです。
point

このポイントは事前のリクエストが必要になります。ここではダイブタイムは長めにあまり動かない特別に水中写真向けのダイビングをさせていただきます。


お問い合わせ

予約まではこんな感じです!

希望のコース、日程などお問い合わせください
日本人スタッフがスピーディーにお答えします!
金額、コースに納得されましたら、詳細情報をお知らせください。
ご予約確認書を添付でお送りいたします。

日本人スタッフが対応いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください

日本からお電話
+62-819ー444ー935-55
バリからお電話
0819ー444ー935-55

日本からの普通回線でのお電話は、料金が高いのでお気をつけください
バリからお電話の際もローミング料金にご注意ください。