PADIエマージェンシーファーストリスポンス

自宅でも水中でもいざというときのためのEFR

PADIエマージェンシーファーストリスポンスコースは、ダイバーでなくても誰でも参加できるコースです。CPR(人工呼吸)の方法を始め、除細動器の使い方、ケガ、病気の応急処置を学びます。ダイビングに限らず、いざというときに普段の生活でも役立ちます。

レスキューダイバー以上のライセンス取得のためには必ず必要な資格です。

PADIエマージェンシーファーストリスポンス

講習期間
通常1日間
講習内容
DVDや教本を確認しながら、傷の手当の方法や包帯の巻き方、緊急時の応対方法等をスタッフやマネキンを使って学びます。
参加条件:
特にありませんが、10歳以上とさせていただきます。
(ダイバー以外の方も参加できます。)

PADIレスキューダイバー

いざというとき、頼れるバディに!

PADIレスキューダイバーコースは、万が一トラブルが発生した時に、どのように対処・対応をしたらよいかを学びます。トラブルを未然に防ぐ方法や、判断力と対応力を付け、水面・水中でシュミレーションをしながら学んでいきます。

人を助けるためだけでなく、自分のスキルアップにも役立ちます。

PADIレスキューダイバー

講習期間
通常2日間
講習内容
5回の海洋実習で12のテーマをシュミレーションし練習ます。
参加条件:
  1. アドバンスドオープンウォーターダイバー(ジュニア含む)以上の資格を所有していること。
    PADI以外の場合は、20ダイブ以上のログと、ナビゲーションとディープのトレーニング証明があること。
  2. 過去24ヶ月以内にEFR等のCPR(心配蘇生法)のトレーニング証明があること。
マレスフルセットがUS$800
 

レスキューコースの講習スケジュール

1日目
07:30 ○ ホテルお迎え
08:00 ~ 学課
12:00 ○ 昼食
13:00 ~ プール講習
17:00 ○ ホテルお送り
2日目
07:30 ○ ホテルお迎え
08:30 ~ プール講習
12:00 ○ 昼食
13:00 ~ 学科試験
17:00 ○ ホテルお送り
3日目
07:30 ○ ホテルお迎え
08:30 ~ 海
12:00 ○ 昼食
13:00 ~ 海
17:00 ○ ホテルお送り
  • スケジュールは目安です。
    講習の進み具合や海の状況により変わりますので、予定には余裕を持ってスケジューリングお願い致します。
  • 講習について
    自習形式で講習を進めることもできます。
    教材を予め日本で購入し、現地で知識の確認とテストをします。
    分からないことがあったら、インストラクターに聞いてみましょう。
  • お客様にご用意いただく物:水着・タオル・顔写真2枚